化粧品に愛されたい
研究(処方開発)薬学部 薬学科 卒業
  • ウテナのこと
  • 職種のこと
  • 1日のスケジュール
  • 私の仕事場
  • キャリアステップ
  • ワークライフバランス
研究(処方開発)
薬学部 薬学科 卒業
  • ウテナのこと
  • 職種のこと
  • 1日のスケジュール
  • 私の仕事場
  • キャリアステップ
  • ワークライフバランス
ウテナのこと

ウテナ入社の決め手は?

学生の頃は5つの部活やサークルに所属していました。色々なことに興味を持ち、チャレンジすることが苦ではない性格が、ウテナとの親和性が高いと感じました。また若いうちから商品開発に関する幅広い経験ができる点も、自分のキャリアアップを考えると大変魅力的でした。
そしてなにより、採用活動中に関わった社員全員の印象が良く、"自分を必要としている”と強く感じたので、ウテナに入社を決めました。

ウテナの雰囲気はどう?

穏やかな人が多く、社長ともプライベートな話ができるくらい風通しの良い職場です。

職種のこと

あなたの仕事について教えて!

クリームやシートマスクなど、スキンケア・ヘアケア化粧品の処方開発を行っています。まずはマーケティング部から依頼された商品案に対して、コンセプトとなるエキスの調査や使用感調整の実験を行います。安全性、安定性を確認するための試験を行ったり、モニターにかけて決定された処方を、生産スケールまで引き上げます。物理化学や生命科学のような基礎的な知識から、マーケティング思考も必要とされる職種です。

1日のスケジュール

  • 9:00
    朝礼
    出勤後に1日のスケジュールを確認し、朝礼にて課内で連絡事項の共有や出張の報告をします。
    全員で顔を合わせ、掛け声をかけて一日がスタートします。
  • 9:15
    処方開発実験
    原料を秤量し、機械等で混合することで処方を組み立てていきます。
    クリームや乳液などの乳化物をつくるときは、出来上がったサンプルを顕微鏡で観察し乳化粒子を確認することで、安定性の予測をします。
  • 11:30
    昼休憩
    11:30~13:30の間で1時間、都合の良い時間に昼休憩をとれます。
    近隣で外食することがほとんどですが、建物内にはコンビニや広い食堂もあります。
  • 12:30
    製品の安定性確認
    様々な条件下に置いたサンプルの匂いや外観、使用感の他にpHや粘度など様々な物性値を測定し、時間が経っても変化しないかを確認します。
    例えば分離や沈殿がみられたサンプルは、すぐに処方を組み直さなければいけません。
  • 15:00
    イノベーションタイム
    自由な発想で新しい開発ができるよう、メンバーとディスカッションをしたり、勉強会を開いたりします。
    カフェスペースで雑誌や論文を読むときもあります。
  • 15:30
    会議
    新商品開発について、マーケティング部と打ち合わせをします。
    使用感、香りイメージのすり合わせやコンセプトの確認、スケジュールを共有します。
  • 18:00
    帰宅
    1日のスケジュールを振り返り、翌日以降の予定を調整後、帰宅します。

ズバリ!1番のやりがいって何?

苦労して手掛けた商品が店頭に並んだあと、口コミサイトでお客様から高評価をいただいた時に、諦めずにこだわってよかった、と心が熱くなります。

私の仕事場

仕事場の様子を教えて!

かながわサイエンスパークという、川崎市にある研究施設内に研究所があります。化粧品会社や機械メーカー、ベンチャー企業の研究所が入っており、数千人が働いているビルです。社外交流として、セミナーや英会話教室、ボーリング大会などのイベントが日々開催されています。研究所の中には「カフェラボ」と呼ばれるスペースがあり、コーヒーを飲みながら自由にディスカッションができる環境があります。古くから続く会社ですが、年功序列といった堅い雰囲気はなく、若手でも意見を言いやすいメンバーに囲まれています。

キャリアステップ

キャリアステップのイメージを教えて!

ウテナの処方開発担当は入社3年目までに開発の流れを一通り経験することができ、また、様々な種類の商品の開発に携わることができます。
5年目くらいにはリーダーとしてスケジュール管理などを任され、社内外のプロジェクトにも積極的に参加していきます。
その後はマネジメントする立場を目指したり、スペシャリストとして専門性を高めていくことができます。

ワークライフバランス

私生活や働き方についても教えて!

比較的有給休暇を取得しやすく、定時で帰宅する人がほとんどです。水曜日はノー残業デーを設定しているので、習い事を入れている人も多いです。私は終業後に英会話やジム、料理教室に通っています。
20代前半は体力も有り余っていたので、中学生の頃から続けていたチアダンスをやるべく社会人チームに所属したり、バイオリン教室にも通って社外の方々から刺激をもらっていました。
福利厚生で割引券を頂けるので、毎月映画を見に行きリフレッシュしつつ、情報収集もできています。

最後に

学生の皆さんに一言!

仕事を続けられる要因について、2つあると考えています。
1つは天職だと感じられるくらい大好きで熱中できることを職にすることです。
2つ目は、一緒に働く人たちの雰囲気が自分と合っていることです。
短時間で見極めることは難しいかもしれませんが、積極的に質問などして、悔いのない会社選びをしてほしいです。

他のインタビューを見る