History of utena

ウテナの前身
「天仁堂」開業

1918 大正7年

本郷(現東京都文京区)にて
薬局「天仁堂」を開業。

スペイン風邪が大流行した当時の社会衛生面を踏まえ
脱毛剤・歯の漂白剤などの製造、販売を始めました。

脱毛剤説明書

1923 大正12年

初代社長 久保政吉により「ウテナ液」完成。
婦人雑誌「主婦の友」で通信発売をはじめ
現在の基礎をつくる。

ゴム会社勤務の友人から「ゴムを触っていると手の汚れが良く落ちる」と聞き、商品開発のヒントを得た久保政吉。
白粉で白く見せていた時代に、肌そのものを白くするという斬新な美容液を提案。

初代社長 久保 政吉

ウテナ通販広告

個性豊かな商品たちを
次々と開発

1927 昭和2年

本郷(現東京都文京区)
「久保政吉商店」創業。
世田谷区南烏山(現在地)に工場完成。

「よい環境ときれいな水こそが肌につける化粧品に必要なものである」
という強い想いのもと、世田谷区南烏山に工場を設立します。

ウテナ烏山工場

1927-1928 昭和2-3年

バニシング、ハイゼニック、コールドの3種のクリームを発売、大ヒット。

「バニシング(雪印・無脂肪)」「ハイゼニック(月印・中性)」「コールド(花印・脂肪)」の3種類の
クリームを開発します。それぞれの特長や使い方をもとに、雪・月・花とアイコン化され
たクリームは、「ウテナクリーム」として女性に親しまれ、皇后陛下にも献上されました。

薬局の店頭

ウテナバニシングクリーム(雪印)

徹底した広告投入をスタート。

舞台や映画で活躍する「水谷八重子」「山地ふみ子」など
トップスターを専属キャラクターに起用。映画やオペラなどの
協賛も行い、知名度アップをはかりました。

東京朝日新聞 昭和9年6月2日

1937 昭和12年

社名を「ウテナ本舗 久保政吉商店」
と改め
法人組織に。

一流のイラストレーターを
起用した販促活動。

美しい女性のイラストで人気の東郷青児・田中比左良等を
起用しました。

田中比左良画
「ウテナ美顔法」冊子

東郷青児デザイン
ウテナバニシングクリーム

1941-1945 昭和16-20年


太平洋戦争開戦。

1945 昭和20年

化粧品生産再開。

終戦の物資が足りない中でも、初代社長 久保政吉は「商品の質を落とすこと
は絶対しない」と社員を激励し、会社一丸となって生産に取り組みました。

お客様の希求を
かなえる商品を

1947 昭和22年

久保徳全が2代目社長に就任。
1950年「株式会社ウテナ」に社名変更。

初代社長 久保政吉逝去にともない、
当時22歳、学生だった久保徳全が2代目社長に就任します。

2代目社長 久保 徳全

1952 昭和27年

「ウテナミルククリーム」発売。

のちに戦後の代表商品となる「ウテナミルククリーム」の販売を開始。新装置を導入し、超微粒子乳化技術を使った牛乳由来成分配合のクリームでした。

ウテナミルククリーム

1957 昭和32年

「ウテナ男性クリーム」発売。

日本初の男性化粧品「ウテナ男性クリーム」は
化粧品需要の拡大に貢献した功績を評価され表彰されました。
また、一本で薄化粧まで完成する多機能乳液「ウテナファッションミルク」は
多様化する女性のライフスタイルにあわせて誕生した商品でした。

ウテナファッションミルク

ウテナ男性クリーム

ウテナ化粧品TVCM

1965 昭和40年

「ウテナお子さまクリーム」発売。

日本で初めての子供用化粧品を開発。きっかけは、ある幼稚園からの「外遊びでお肌や手が荒れた子供につけるクリームはないか」という問い合わせでした。

ウテナお子さまクリーム

お子さまクリームTVCM

今なお愛される
商品の誕生

1983 昭和58年

アロエエキス配合自然派化粧品
「ウテナモイスチャー」発売。

自然派志向流れを受けて発売。白を基調にしたパッケージデザインも評判となり
ロングセラーとなりました。

ウテナモイスチャー ブランドサイトへ

ウテナモイスチャー

1991 平成3年

久保政幸が3代目社長に就任。

お客様のニーズをとらえた多彩なアイディアで
エポックメイキングな商品を次々と発売。
バラエティストア、ドラッグストアの躍進とともに成長しました。

3代目社長 久保 政幸

まとめ髪専用
スタイリングシリーズ
「マトメージュ」

マトメージュ ブランドサイトへ

増毛感覚の
ボリュームアップスプレー
「マッシーニ」

マッシーニ ブランドサイトへ

くせ毛対策シリーズ
「プロカリテ」

プロカリテ ブランドサイトへ

プロカリテ ストレートパーマTVCM

プロカリテ ヘアケアシリーズTVCM

1999 平成11年

コラーゲン配合エイジングスキンケア
「ラムカ」発売。

とろりとした濃厚な化粧水が人気を集めました。

ラムカ

2004 平成16年

「プレサ」シートマスクシリーズ発売。

新しいスペシャルケアアイテムとして人気が出てきたシートマスクカテゴリーに、成分別シリーズをいち早く提案。

プレサ

新たなステージへの
飛躍

2005 平成17年

岩倉具房が4代目社長に就任。

今後の成長戦略を踏まえ保有設備の見直しを実施し、工場を持たない新しいビジネススタイルを採用しました。
また財務の健全化を推進しました。

4代目社長 岩倉 具房

2013 平成25年

100%植物由来原料使用の
「ゆず油 無添加ヘアオイル」発売。

2016年にリニューアルした「ゆず油」。この時、有数のゆずの産地として知られる高知県北川村との原料協同開発を行い、地方自治体の活性化にも貢献する商品となりました。

ゆず油 ブランドサイトへ

社長 岩倉・高知県 尾﨑知事

高知県北川村 ゆず畑

2014 平成26年

「プレミアムプレサ
ゴールデンジュレマスク」発売。

ちょっと贅沢なスペシャルケアとして、ワンランク上のシートマスクを提案しました。日本国内だけでなく、インバウンド需要を受け急成長。中国進出の中核商品になりました。

プレミアムプレサ ブランドサイトへ

2016 平成28年

中国越境ECサイト天猫国際に
旗艦店をオープン。
佑天兰(上海)化粧品有限公司を設立。

ECサイト天猫国際 旗艦店へ

2018 平成30年

青﨑正紀が5代目社長に就任。

5代目社長 青﨑 正紀