楽しく、前向きに!!
設計システム理工学部 生命科学科 卒業
  • ウテナのこと
  • 職種のこと
  • 1日のスケジュール
  • 私の仕事場
  • ワークライフバランス
設計
システム理工学部 生命科学科 卒業
  • ウテナのこと
  • 職種のこと
  • 1日のスケジュール
  • 私の仕事場
  • ワークライフバランス
ウテナのこと

ウテナ入社の決め手は?

ウテナの商品はニッチな目線でつくられた商品が多く、困っている人を助けてくれるような心強さを感じました。BtoCメーカーであり、自分たちがつくった商品が直接消費者の手に届くことに魅力を感じ、ウテナのモノづくりに携わりたいと考え、入社を決意しました。
商品の魅力だけでなく、福利厚生や働く環境の良さもウテナの魅力です。

職種のこと

あなたの仕事について教えて!

設計では、化粧品の容器に関わることを広く担当しています。企画内容に合った容器の選定や、生産にかかるコストの算出等の商品化に関わる業務と、容器の試験検証等の技術的な業務も行っています。企画の初期段階から参加することができ、社内外多くの人と関わり、学ぶことが多い日々を送っています。

1日のスケジュール

  • 9:00
    メールチェック・書類作成
    社内外多くの人と関わるため、出社後は必ずメールを確認します。
    一つの連絡の遅れが、結果的に全体スケジュールの遅れにつながってしまうこともあるため、素早い連絡を心掛けています。
  • 10:00
    新商品仕様 社内打合せ
    マーケティングで企画された新商品について、設計では容器の選定を行います。容器の形状や種類、印刷や加工方法等、詳細を確認しながら進めていきます。
  • 11:00
    容器メーカー打合せ
    容器を製造しているメーカーと打合せを行い、どのような仕様にしたら、企画していた仕様を実現できるのか、詳細を詰めていきます。
  • 13:00
    新商品仕様によるコスト比較
    マーケティングの希望を実現するための仕様を検討します。箱への入れ方や梱包、容器等を考え、取引先から頂いた見積書をもとにコストを比較します。
  • 15:00
    試験計画書作成・検証方法考案
    自社製品に採用されていない包装技術の導入に向けて、試験計画を作成します。計画作成後は、生産ラインや研究所で試験・検証を行います。
  • 17:30
    帰宅
    翌日のスケジュールを確認して退社。残業はほとんどないので基本的に18時前には会社を出ます。

ズバリ!1番のやりがいって何?

設計の業務において、自社商品の容器などにまだ採用されていない技術を採用することがあり、それが商品の改善につながった時に1番やりがいを感じます。容器設計はお客様にとっての『使いやすさ』や『便利さ』、『安全性』につながる部分も多く、ウテナだけでなく容器メーカーや作り手の熱い思いが詰まっています。

私の仕事場

仕事場の様子を教えて!

本社は世田谷区にありますが、溝の口(神奈川県川崎市)・渋谷にもオフィスがあります。
普段は渋谷にあるオフィスで働いていますが、容器などの検証をする時には溝の口にある研究所に行って実験をしたり、本社で打合せをしたり、必要に応じて色々な場所で働けることも楽しみの一つです。

ワークライフバランス

私生活や働き方についても教えて!

残業はほとんどなく帰りやすい雰囲気があり、先輩が遅くまで残っていて帰りにくい…と感じたことはありません。ウテナでは、一般的な企業にある「夏休み」は「トリプル休暇」として、一年中いつでも自分の好きな時期に3日間の休暇を取ることもできます。働く時間・自分の時間にメリハリをつけられる、働きやすい環境であると感じています。

最後に

学生の皆さんに一言!

私自身、就職活動中は『何を作っている会社か』という点に目を向けてしまうことが多くありました。ウテナは化粧品のメーカーですが、化粧品といっても設計、生産、物流、品質管理等、様々な業務があります。どんな会社で働くか、ということも大切ですが、自分は「何をやりたいのか」「どんな働き方をしたいか」を考えると働く姿がイメージしやすいと思います。

他のインタビューを見る