社内浸透プロセス

Penetration process

ウテナは、経営ビジョン
持続的な企業価値の創造に取り組むウエルネスカンパニーとなる
の実現にむけて、社内においても様々な取り組みを進めています。

SDGsを理解する
ワークショップの実施

当社では下記のワークショップを経て、ウテナが取り組むべき社会課題を選定し、マテリアリティの特定を進めました。

1.社会課題抽出のワークショップ

全社員が「既に顕在化している」また「今後起こり得る可能性がある」と思われる「社会課題」を書き出し、近い内容の社会課題をまとめてマッピングを行いました。

社会課題抽出のワークショップ

2.ゲームを通してSDGsを体感するワークショップ

管理職全員で、カードゲーム「2030SDGs」※を実施。ゲームを通じて、さまざまな価値観や違う目標を持つ人がいる世界で、どうやってSDGsのビジョンを実現していくのかを疑似体験しました。環境価値・社会価値だけでなく、経済価値のバランスをとる大切さを学びました。
※一般社団法人イマココラボのSDGs理解サポートプログラム

ゲームを通してSDGsを体感するワークショップ

SDGs啓発のための
社内ラジオ

各部署のSDGsの取り組みを紹介する社内ラジオを配信しています。SDGsへの理解を深め、自分事として考えるための取り組みです。

社内ラジオの収録風景
社内ラジオの収録風景

業務への落とし込み、
実践の共有

企業理念を実現するための行動指針「utena way」には、「より良い未来を創造する」ためのフィロソフィーが明文化されています。最終章には「持続可能な社会に貢献する」という項目が定められており、毎日、社員一人一人がどのように自分の業務や行動に落とし込んでいるか発表し共有しています。

業務への落とし込み、実践の共有