すべての人々の美しさの支えとなることを願って、努力してまいります。

「化粧品は、心を飾ること。」と言った著名な民俗学者がいます。
これは、肌や髪の手入れも含め、粧うことの本質、つまり身体の表面上のことでありながら、それが精神的な高みにまで及ぶことを示した名言と言えましょう。
個人の喜びや満足は、当然ながら環境・社会へ好影響を及ぼすという結果になって表れます。
化粧品のもたらす多彩な効用を考えるとき、この産業を担う一員として、大きな喜びと誇りを感じます。
「真心を持って、社会に貢献し、人々の満足を喜びとする。」とした企業理念は、昭和初めの創業時から持ち続けてきたこの気持ちを表したものであります。
今後とも、すべての人々の美しさの支えとなることを願って、努力してまいりたいと念じております。

代表取締役社長 青﨑 正紀