utena

咲かせよう、まだないキレイを。

Hair Care Point - くせ毛ケアのコツ

  • ヘアスタイリストさんが教える

    仕上がりに差が出る

    くせ毛ケアのコツ

    プロのヘアスタイリストさんが
    くせ毛さんもすぐに使える、
    スタイリング方法・ヘアケア方法をお教えます。

くせ毛を抑えるブローのポイント

ブローのポイント
  1. POINT 1
    乾かしすぎは禁物

    洗髪後の乾かし残しは、ハネ・うねりの原因になるので、しっかり乾かすのが基本です。
    ただ、くせ毛はキューティクルが開きやすく乾燥しやすいので、オーバードライ(過乾燥)にならないように注意が必要。
    乾かしすぎは髪の広がりや、スタイルの崩れにつながりやすくなるんです。
    シャンプー後、髪を乾かすときは、髪に手ぐしを通したときに、指よりも少しひんやりしているくらいでストップするのがコツです。

  2. POINT 2
    乾かすときは根元から
    乾かすときは根元から
    髪を乾かすときは、一番乾きにくい襟足から始めましょう。
    根元を中心に乾かすようにすると、根元と毛先が同じタイミングで乾き、毛先のオーバードライを防ぐことができます。
  3. POINT 3
    根元をジグザグ動かして

    髪のくせやうねりは根元の毛流れが原因のことがよくあります。まず根元を正しい方向に流すことが大切。
    髪の根元を多方向にジグザグ動かすようにしながら乾かすと、一方向にくせがつくのを緩和できます。
    特に生えぐせの出やすい前髪は生えぐせに逆らうように引っ張りながら乾かしてください。

  4. POINT 4
    引っ張りながら上から風を当てる
    引っ張りながら上から風を当てる
    ドライヤーをあてるときは、上から下に向かって風を送るように意識して。
    上からあてることで、キューティクルがととのいやすくなります。
    くせ毛の人は、乾かすときにロールブラシや手ぐしで髪を前(顔側)に引っ張りながら乾かすと、くせが収まりやすくなります。
  5. POINT 5
    最後は冷風でひきしめて

    最後に冷風をあてるとキューティクルがひきしまり、髪につやが生まれます。

くせ毛を抑える夜のケア

ブローのポイント
  1. POINT 1
    くせ毛のケアは夜が勝負

    夜シャンプーした後の濡れている状態が、くせ毛のケアをするベストタイミング。
    夜しっかりケアしておくことで、格段に朝のセットがしやすくなります。

  2. POINT 2
    洗い流さないトリートメントを使おう
    洗い流さないトリートメントを使おう
    ドライヤーの前には、洗い流さないトリートメントをつけましょう。
    髪表面をコーティングして摩擦や、熱によるダメージから髪を守ってくれます。
    また、髪内部にしっかりうるおいをあたえておくことで、ヘアセットした後も湿気が髪の内部に入りづらくなるため、スタイルの崩れを防ぐ効果もあります。

くせ毛を抑える朝のスタイリング

ブローのポイント
  1. POINT
    まず根元から濡らして

    朝のスタイリングでくせを抑えるには、まずしっかり濡らすことが大切。
    ただ、はねている部分だけ濡らしてもくせは直りません。
    パックリ割れやすい前髪も、しっかり根元から濡らし、頭皮をこするようにしながら乾かします。
    最後に左右に引っ張りながら風を当てると、根元のくせをリセットでき、スムーズにスタイリングすることができます。

くせ毛研究から生まれたプロカリテ

プロカリテ - PROQUALITE -

ページトップへもどる